プロミスの遅延損害金は?

 

「遅延損害金」遅延利息とも呼ばれ、返済が期限に間に合わなかった場合に払うことになるお金です。

 

プロミスの場合は20%となっています。会社によって遅延損害金は異なりますが、法律によって最大20%と決められています。
プロミスの場合、最大の20%に設定しているわけですね。遅延は返済日の翌日から発生します。

 

遅延損害金の計算方法は、「借入残高×遅延損害金利率÷365×遅延日数」 となります。

 

ということは、借入残高が高ければ高いほど、また遅延日数が多ければ多いほど遅延損害金は高くなるということになります。

 

遅延損害金を払う際、利息、元金、遅延損害金、そして必要な場合は手数料を払うことになります。
普通の利息に上乗せされて遅延損害金を払うことになりますので、かなりの出費となります。

 

遅延損害金の支払いを回避する方法

 

遅延損害金を払わなくてよくする方法はまず、当然ながら遅延を避けることです。
すっかり忘れていたという事態を避けるために、まずは返済を口座振替で引き落としにするという方法があります。

 

手数料は無料です。借入期間が長くなるほど支払う手数料の合計が高くなってしまいますので、余裕のあるときには口座振替での引き落としに加えて、プロミスATMや三井住友銀行のATMやネットで繰り上げ返済するのがオススメです。

 

実際にお金が足りずに遅延しそうな場合は、1回だけならプロミスで追加借入をして返済金に当てたり、他のカードローンを契約して返済に充てている人もいますが、借金地獄にならないよう注意しましょう。

 

プロミスは即日返済が可能!

 

プロミスでは即日返済可能なのでしょうか。
ローンは利息で利益を得ているわけですから、即日返済されると利息の利益があまり出ないため、即日返済は嫌がられそうですね。
でも大丈夫です、プロミスでは好きなときに繰上返済可能です。

 

ところで、基本的なプロミスの返済方式はどのようなものでしょうか。
プロミスでは、「残高スライド元利低額返済方式」を採用しています。
これは最終借入した後の借入残高によって返済額が変動する方式です。

 

プロミスでは借入残高が、

 

 

30万円以下の場合      ...........借入残高×3.61%、返済回数は36回まで

 

30万円超から100万円以下  ............借入後残高×2.53%で返済回数は60回まで

 

100万円超過から     ................借入後残高×1.99%で返済回数は80回まで

 

となっています。

 

全て1,000円未満の額は切り上げとなっています。

 

例えば、借入残高が5万円の場合は5万円×3.61=1,805円で1,000円未満を切り上げ2,000円の返済額となります。
借入利率は4.5〜17.8%です。限度額が低い場合、17.8%が適用されることが多いでしょう。

 

プロミスを即日返済するとどんな利点があるの?

 

利息の計算方法は、「利用金額×借入利率÷365日×利用日数」となります。

 

例えば、先ほどの5万円借りた例を再び使い、利率を17.8%で30日借りたとして計算すると、5万円×17.8%÷365日×30日=約731円となります。
1か月で返済すれば、利息は731円しかかからないということですので、即日返済すれば安い利息で済むわけですね。

 

逆に、月々2,000円ずつ返済するとどうなるでしょうか。
5万円を36か月借りて、金利が17.8%で、毎月の返済額は1,802円ですが、1,000円単位繰上で2,000円となります。その場合、26,700円もの利息を払うことになるんです!
2,000円中741円は毎月利息に当てているという計算になります。

 

ですから、即日返済した方が断然いいのです。

 

プロミスは早期返済した方が得!

 

プロミスでは早期返済可能でしょうか。
はい、可能です。むしろ早期返済が可能ならそうした方が良いでしょう。

 

なぜかと言うと返済期間が長ければ長いほど利息がそれだけ多くかかるからです。

 

利息の計算方法は、

 

「利用金額×借入利率÷365日×利用日数」です。

 

「×利用日数」ですので、利用日数が少ないほど利息は安くなります。

 

ちなみにプロミスの金利は4.5〜17.8%です。
限度額の設定が低い場合はたいてい17.8%が適用されます。
この利率で10万円を30日間利用した場合の利息は、10万円×0.178÷365日×30日で1,463円ということになります。
これが倍の60日になると2,926円と利息もないになるのです。

 

ということでできるだけ早期返済をした方が利息を払わなくて済むということですね。

 

プロミスで追加返済するにはどうすればいいの?

 

プロミスの返済方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まずは、インターネットを利用した返済です。
パソコン、ケータイ、スマホから簡単に返済可能です。
土日、金融機関営業時間外でもすぐに処理が完了し、追加での融資もできます。
プロミスインターネット会員サービスを使って返済できます。

 

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行を利用しているならすぐに利用が可能です。
また、口座振替で毎月自動で引き落とす方法もあります。
手数料は無料です。

 

また、近くのATMや店舗での返済も可能です。プロミスATM,三井住友銀行のATMなら手数料無料です。ファミリーマート、ローソン、ミニストップに設置されているFamiポート、Loppiといったマルチメディア端末を使用した返済も無料で利用できます。

 

手数料はかかりますが、銀行振込での返済も可能です。
この中で早期返済するなら、口座振替意外の方法ならどれでも可能です。
月々の決められた返済額以上なら追加で入金するだけでオッケーです。

 

プロミスの賢い返済方法

 

プロミスからお金を借りた場合、様々な方法で支払いを行うことができます。

 

お客様サービスプラザと呼ばれる店頭窓口で支払う方法、プロミスの専用のATMで支払う方法、銀行振込、口フリと呼ばれる口座振替、コンビニや各金融機関の提携ATMで支払う方法、インターネットからの支払いです。

 

支払いの方法によっては手数料が取られてしまいます。
手数料といっても数百円でしょ?とお思いのあなた。
毎回の支払いで手数料を引かれるとそれだけで結構な金額になってしまいます。

 

長くプロミスを利用しようと考えている人こそ、手数料を節約する必要があります。

 

手数料を無料にするには

上記の方法のうち、手数料がかかってしまうのは、銀行振込とコンビニや各金融機関の提携ATMで支払う方法です。
銀行振込の振込手数料は各銀行によって様々なので、利用する銀行の手数料を調べる必要があります。
高いと400円ほど取られてしまうので、注意が必要です。

 

ゆうちょ銀行やコンビニATMなどプロミスと提携しているATMで支払う場合、1万円以下の取引で108円、それ以上だと216円の手数料がかかります。
全国各地にあるコンビニで支払えるのは便利ですいが、こんなに手数料がかかるとなると通常の返済方法としては少し考えたほうがよさそうです。

 

コンビニほどの数はありませんが、プロミスのATMも全国各地に設置されています。
そこで返済すれば手数料は無料なので近くにプロミスの専用ATMがないか調べてみましょう。

更新履歴